ウォーターサーバー楽水の年間費用は格安

ウォーターサーバーの年間費用の実態

ウォーターサーバーにセットする水、安いですか?高いですよね。
ちょっと調べただけでも平均単価は12リットルで1,500円前後。大体24リットルが発注の単位ですから、1回3,000円の買い物になります。

3,000円という金額だけを見れば安いかもしれませんが、果たして1ヵ月を24リットルで十分なのか使用量を調べると、1ヶ月24リットルで済む世帯は、ほぼありませんでした。


【夫婦と子ども2人の4人世帯のウォーターサーバー1ヵ月平均使用量】
・飲用のみ = 48リットル = 推定 5,000〜6,000円
・飲用と料理 = 96リットル = 推定 10,000〜12,000円


同じアパートに住む方が、クリクラのウォーターサーバーを利用してます。こちらの世帯は、ご夫婦と大学生の娘さんの3人ですが、飲用と料理に使っているので、2週間に一度36リットルを配送してもらい、1ヵ月72リットル分をクレジット払いにしてるそうです。

契約当初は相場より安いと喜んでいたものの、夏場と冬場は追加発注も多く、メンテナンス料金も合わせて、大体年間10万円ほどの費用になっているとのこと。

クリクラは12リットルで1,250円(税別)ですから、相場よりは単価は安いです。コスモウォーターは12リットルで1,800円、サントリーはちょっと安くて1,150円、うるのんは1,759円です。

ただ、使用量は予測が付かないので水の料金だけを選択基準にするのは、後々、悩みのタネになるリスクもあるということです。


そこで福岡の業者が全国に手がけている「楽水ウォーターサーバー」をオススメしました。このウォーターサーバーは水道水を使って本体内で浄水する珍しいタイプです。費用は本体のレンタル料だけなので、比較的水を多く使っても心配することはありません。

⇒⇒ 水道水を使う楽水ウォーターサーバーはコチラ


浄水能力が高く、水道水の雑菌やトリハロタメン、残留塩素なども除去するので、品質に関しても安心です。

ウォーターサーバーの水質は安心安全

宅配水をセットするタイプのウォーターサーバーは、水を注いだ後に気泡がボトル内に入り込んだりします。外気が入り込むということは、空気中の雑菌を取り込んでいるわけです。

実際、宅配水方式のウォーターサーバーは、使用中に細菌が増殖し、水道水の基準を満たさないものが数多くあるという記事が、朝日新聞のウェブサイト他多数のメディアで取り上げられました。

水道水を浄水するタイプの楽水ウォーターサーバーは、配管によって水道管から本体へ接続されてますので空気が入る余地がありません。赤ちゃん用のミルク、薬の服用に関しても全然大丈夫です。

品質面では、さらに専用カートリッジ3本で残留塩素やトリハロメタン、その他の不純物を取り除きますので、水道水のイメージとは違うクリーンな水が出ます。

そしてもうひとつ、楽水ウォーターサーバーには、防犯面で宅配水タイプよりもリスクが低い点が特徴です。

宅配水タイプでは配達先が留守だと玄関先にボトルが置きっぱなしなのです。イタズラされる危険性は十分あります。

ボトルを必要としない楽水ウォーターサーバーであれば、例えば、個人事務所、レンタルオフィス、レストラン等飲食店、リラクゼーションサロン、病院、ビジネスホテル、工場休憩所、コワーキングスペース、スポーツジムなどは、特に人が集まるので外部からの意図的なイタズラも未然を防げます。

楽水ウォーターサーバーのメリット

楽水ウォーターサーバーは、月額固定のレンタル料金と水道代の実費負担だけだから非常に安いです。その他には、こんなメリットもあります。

◎ボトルのセット、空ボトルの返却などの手間不要
◎メンテナンス代不要の本体構造
◎専用カートリッジは無償提供で交換も数分
◎インターネット申し込み限定キャンペーンが使える

既に利用している方の感想などを参考にすると、違ったメリットも見えてきます。

ウォーターサーバーの悩みの大半は費用面であることは独自調査でもわかっています。ウォーターサーバーの安いか高いかは年間費用で比較して判断すると良いです。

ウォーターサーバーは長く使うものですから、選び方としては、向こう2年から5年まで、どのくらい費用が必要か、ざっくりでも見積りをしてもらうと検討しやすくなります。

年間費用が不透明なまま、無料お試しに釣られてウォーターサーバーを契約するよりは、まず、メーカーへ相談や問い合わせすることをオススメします。

⇒⇒ 楽水ウォーターサーバーの問い合わせはコチラ

 

サイトマップ